結核 症状 鼻水

結核の症状では鼻水が出るの?

スポンサーリンク

 

 風邪をひいたときには、熱や咳などが症状として現れることがあります。
 高い熱が出たときには何か病気ではないかと体を休める人が多いでしょう。
 病院を受診するという人もいます。

 

 微熱の場合には、あまり気にせずに仕事や学校に行くという人も少なくありません。
 しかし、なかなか風邪の症状が治らずに微熱が続いている時には、何か病気の可能性もあるので、しっかりと対処をしなければいけません。

 

 このような症状が続いているときには、実際には結核に感染していたということもあります。
 このため、長く続く微熱には注意が必要となります。

 

 微熱があって、痰が絡んだ咳や鼻水というような状態が見られる時には、風邪ではなく結核の可能性m考えられます。
 風邪と思っていてもなかなか治りません。
 したがって病院を受診するようにします。

 

 結核と聞くと昔の病気ではないかと考えている人がいますが、決してそのようなことはありません。

 

スポンサーリンク

 

 実際には日本では現在でも約2万人がかかっていると考えられています。
 これは先進国では多い方となっています。

 

 結核菌に感染したときには、微熱が出るようになります。
 この他には痰が絡むような咳が続くようになります。
 夜になると寝汗をかくということもあります。

 

 しっかりとご飯を食べていても体重が減少するというようなこともあります。
 なぜこのような状態になってしまうのかというと、体が菌と闘って体力が消耗しているからなのです。

 

 また鼻水などの症状も見られるようになっています。
 鼻水と微熱ということで、風邪と勘違いしてしまうことが多くなります。

 

 しかしこの病気は正しい治療を行うことで治すことができるようになります。
 全身に菌が広がる前にしっかりと病院を受診するようにしましょう。
 ここでは抗生物質が処方されるようになります。

 

 非常に感染力が強くいので、入院の場合には専門病院での入院となります。
 風邪をひいてから1週間が経過してもすっきりしないときには、病院を受診するようにしましょう。

 

 次の記事はこちらです。
 結核の症状はうつるのか?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。