結核 検査 採血

結核の検査ではやっぱり採血するの?

スポンサーリンク

 

 結核という病気があります。
 昔は非常に恐れられていた病気でした。
 しかし現在では医学の発達によって新しい薬の開発などが行われています。
 したがって患者の数も大きく減少しています。
 しかしまだまだなくなるということがありません。

 

 結核に感染しているかどうかに関しては、病院で検査が行われています。
 病院では結核の検査がどのようにして行われているのかが気になります。

 

 細菌の新しい方法として行われているのが血液検査ということになります。
 これは結核感染の疑いがあるという人から血液を採血します。
 そしてここからリンパ球を分離するということが行われています。

 

 そして抗体を底にコーティングした培養プレートに一定の量を注ぐということが行われています。
 そしてこれを20時間培養するというようになっています。

 

 血液を採血するというだけなので、非常に簡単な方法となります。
 患者の血液を採血するということなので、大きな負担をかけることがありません。

 

スポンサーリンク

 

 ここで再生された細胞の数によって、結核感染が診断されるようになります。
 結核は感染症なので、他の人にうつしてしまう可能性があります。

 

 発病しているという人は、咳やくしゃみをしたときに菌が飛び散るようになります。
 これを吸い込むことで感染することがあります。
 すなわち飛沫感染ということになります。

 

 しかし菌を吸い込んだ人がすべて感染するということではありません。
 体の抵抗力が強いという人は、感染することが少なくなります。
 菌が体の中に残っているということがありますが、この場合は免疫細胞の一種となっているマクロファージが菌を囲んで核が作られるようになっています。

 

 体の中に菌が残っていても、そこに閉じこめられたまま活動をしていない状態のこと感染といいます。
 また菌が活動を初めて増殖していく状態のことを発病といいます。
 発病をしても排菌をしていない場合には、うつる可能性は低くなります。

 

 次の記事はこちらです。
 結核の検査!費用って高い?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。