結核 検査 手順

結核の検査!その手順ってどうなってます?

スポンサーリンク

 

 「結核」は厄介な病気の一つで、幅広い年齢で発症したりするため、注意する必要があります。
 原因は、結核菌と呼ばれる細菌が体内に入り込み徐々に症状が現れてきます。

 

 症状については微熱が続く・長引く咳・倦怠感等があり風邪と似た症状であります。
 これが長期間続いていたり、症状が良くなったり悪くなったりしているのであれば、結核を発症している恐れもあるため病院を受診して精密な検査を受ける必要があります。

 

 ちなみにこの病気を発症する理由については、いろいろあります。
 例えば、ストレス、遺伝、タバコ、糖尿病や胃腫瘍、乳児期や思春期等があったりします。

 

 またこの病気は感染率も高く、咳やくしゃみによって他の人に感染する恐れもあるため、しっかりと対策をとっていかなければいけなくなります。
 対策方法についてはインターネットを活用して検索すると情報提供しているWebサイトが複数あるため、そこで情報収集することができます。

 

スポンサーリンク

 

 ちなみに検査を受ける際は、子供であれば小児科、大人であれば内科また呼吸器内科を受診すれば、精密な検査を受けることができます。
 検査手順は、ツベルクリン反応をはじめ、血液・レントゲン・喀痰・QFT検査等を行うようになっています。
 病院によって手順が異なっている所もあったりしますが、内容は一緒です。

 

 採取されたものについては専門機関に送られ結核菌有無の調査を受け、ここでは塗抹・培養・核酸増幅法検査が行われます。
 これにより陰性また陽性の結果が分かるため、結核になっているかいないかの診断を受けることができます。

 

 手順もそれなりに多くあるため、結果が分かるまで多少時間が必要となります。
 陰性反応の結果が出たのであれば一安心ですが、陽性反応がでた場合についてはすぐに治療が開始され入院することもあります。

 

 次の記事はこちらです。
 結核の潜伏期間と検査について

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。