結核 治療 隔離

結核の治療では今でも隔離される?

スポンサーリンク

 

 結核は、結核菌という細菌が体の中に入り、増えることによって起こる病気です。
 初期の症状は、風邪と似ていますが、咳、痰、微熱などの症状が長く続くのが特徴です。
 また、全身の倦怠感、体重減少、食欲不振などの症状もあります。

 

 日本では、結核の8割は肺で起こります。
 初期症状は肺炎のような炎症です。

 

 炎症の結果生じた浸出液が、胸膜から沁み出して胸膜炎になります。
 炎症が進むと、組織が死んで腐ったような状態になります。

 

 そして肺の組織がドロドロの状態になり、痰となって体外に排出されます。
 その場所は、穴が開いた状態の空洞になります。

 

 肺に出来たこの空洞は、菌が繁殖する温床となり、放置しておくと菌はどんどん増殖します。
 このような病巣からの菌が、リンパや血液の流れに乗ることで、肺以外にも脳、腎臓、リンパ節や骨など、体のあらゆる部分に新たに病巣を作ります。
 やがて、肺の組織が破壊されて喀血や呼吸困難を起こしたり、他の臓器の機能がおかされて、生命の危機を招くことがあります。

 

 結核は、感染しても免疫力が強い間は発病しません。
 菌は潜伏した状態で生き続け、免疫力が低下すると発病します。

 

スポンサーリンク

 

 感染については、結核アレルギーの有無で、菌に感染したか否かを判定することができるツベルクリン反応検査や、血液検査、胸部X線撮影検査、喀痰検査などにより診断することができます。 
 菌は、長時間空気中を浮遊し広範囲に及ぶ可能性があるので、空気予防策が必要となります。

 

 発病して菌をたくさん「排菌」している場合は、隔離(入院)が必要です。
 術後患者や病状が重篤な入院患者への感染を防ぐために隔離され、感染病棟へ入院します。
 また、隔離をして治療に専念する療養所への入院を勧められる場合もあります。

 

 発病しても「排菌」していない場合は、通院治療が認められます。
 治療は、基本的に3〜4種類の薬剤を服用します。
 現在は、医師の指示に従って治療すれば治る病気といわれています。

 

 しかし、治療薬剤の飲み忘れや、患者の自己判断による意図的な投薬中断は、菌が耐性を持ってしまい、多剤耐性結核を発生させてしまう可能性に繋がります。
 結果、治療薬が効かなくなるので、発病すると入院隔離期間も通常より長くなってしまいます。

 

 次の記事はこちらです。
 結核患者の入院隔離の基準はどうなっている?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。