結核 疑い 対応

結核の疑いがあったらどう対応すればいいのか?

スポンサーリンク

 

 結核という病気があります。
 昔はこの病気で命を落とすという人が非常にたくさんいました。
 不治の病といわれていたこともあります。

 

 最近では、治らないということはありません。
 しっかりと検査を受けて治療を受けることで、治すことができるようになってきました。

 

 この病気は感染症です。
 感染している人が咳やくしゃみをすることによる飛沫感染が多いです。

 

 したがって早い段階で予防をする必要があります。
 この時には、結核に感染をしているかどうかの検査も重要となります。
 必要な場合には、隔離入院をしなければいけないということもあります。

 

 感染の疑いがある時には、早期に診断を受けるということが大切です。
 そして治療を受けるようにします。

 

 感染の疑いがある時には、さまざまな検査が行われます。
 感染の疑いがある時に行われている対応策の一つにツベルクリン反応検査があります。
 これは昔から行われている方法です。

 

スポンサーリンク

 

 このツベルクリン反応は、昔から行われている結核感染を診断するものです。
 しかしこの検査は、BCG接種を受けている人は感染をしていてもしていなくても陽性反応が出ます。
 したがって診断が少し難しくなっています。

 

 この他の対応策としては、インターフェロンガンマ遊離試験があります。
 これは血液検査のことになります。

 

 最近では主流となっている方法となります。
 結核菌に感染すると免疫機能が働くようになりますが、この免疫細胞が結核菌を認識するようになります。
 これが、抗原と反応をすることで判断することができます。

 

 また結核菌の発病状態を確認するという方法もあります。
 それが、X線撮影検査となります。
 これは早期発見のためにはとても、重要な方法です。

 

 この他には、喀痰検査もあります。
 痰を顕微鏡で確認したり培養をするということが行われています。
 健康診断で医療機関を受診することから発見されることが多くなっています。

 

 次の記事はこちらです。
 結核になったら保健所で対応してもらう?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。