結核 保健所 対応

結核になったら保健所で対応してもらう?

スポンサーリンク

 

 結核になった疑いがある場合は、すぐに保健所をはじめとする公的な機関に連絡をすることが正しいです。
 入院が必要だと判断されたら、勤務先や通学している学校にもしばらく休むことを告げるのがふさわしいですが、診断書をもらっておくのも賢いです。

 

 医療機関で必要な治療を受ければ、きちんと完治する可能性も高まります。
 保健所によって対応が違ってくることもありがちですが、同居している家族などへの検査も促されるのも一般的な対応になってきます。

 

 直前に会った友人や知人にも結核になったことを伝えるかは、保健所の担当者に相談してみるのも大事です。
 適切な対応の仕方も教えてくれたりと親身になってくれるところも多いです。

 

 また、自分自身ではなくても身近な人が結核になった際も、念の為に検査を受けるようにと保健所から連絡が入ることも少なくなかったりします。
 診断されるまでの費用も加入している保険などで負担してもらえるケースもあり得ます。

 

スポンサーリンク

 

 検査では特に異常なしとの結果であっても一定の時間が過ぎてから症状が出てくることもあるので、油断せずに今後も備えてみるのが望ましいです。
 結核になった場合でも、入院や投薬治療によって完治すると職場や学校にも復帰することも難しくなくなってきますが、無理をせずに徐々に普通の日常生活に戻していくのが理想的になってきます。

 

 復帰するタイミングや時期も治療を受けた医療機関の担当医の判断に任せてみるのもいいですが、保健所にも就業制限などの決まりについて詳しく説明してもらうのも大切です。

 

 免疫力が落ちていると体調も崩しやすくなってくるため、栄養のあるバランスの取れた食事を心がけたりと健康になる努力をしてみるのも大切です。
 退院後も焦らずに自宅療養をする期間を設けてみるのも悪くないですが、心身ともに負担もかかりにくくなります。
 周囲に細かい状況を話したりと理解やサポートをしてもらえるのも心強くなってきます。

 

 次の記事はこちらです。
 結核の再発とその症状について

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。