結核 死亡率 日本

日本の結核での死亡率はどれくらい?

スポンサーリンク

 

 結核は昔は非常に怖いと考えられていた病気となっていました。  
 広い範囲で感染が広がるということで、隔離されているというようなこともありました。

 

 しかし現在では治療方法が発見されています。
 したがってそれほど怖い病気ではなくなっていますが、 医学が発達している中でも、まだまだ安心できる病気ではありません。
 過去の病気ではないのです。

 

 実際に結核で亡くなるという人も少なくありません。
 日本では毎年約2000人が結核で亡くなっています。
 また、新たに毎年約2万人が発症していると考えられています。

 

 したがって正しい知識を持つということが大切になります。
 そして正しい知識と一緒に早期発見や早期治療を行って予防をすることも大切になります。

 

 この病気はどのようにして感染するのかというと、咳やくしゃみなどによる飛沫感染ということになります。
 免疫力が低下しているときに発症することが多くなっています。
 したがって注意が必要となります。

 

スポンサーリンク

 

 病院で結核と診断されたからといって、必ずしも命の危険があるということではありません。
 これは治すことができる病気となっています。
 医師の指示に従ってしっかりと薬を飲み続けるということが基本となります。

 

 結核は菌によって引き起こされる感染症になります。
 体の中に入り込んで増殖した場所によって、さまざまな症状が現れるようになっています。
 日本では肺の内部で増えるというものが患者の約8割となっています。

 

 この病気は昔は日本の中で高い死亡率となっていました。
 現在でも低栄養の状態では、症状を悪化させるということがわかっています。
 したがって発展途上国では、死亡率が高くなっています。

 

 栄養によって死亡率が左右されるということから、栄養と結核の関係は深いということがわかります。
 戦後食糧事情が改善されたということで、感染する人が日本では少なくなっています。
 ここには動物性たんぱく質をしっかりと摂取するという食生活が影響しています。

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。